スーツ

ビジネスシーンで魅せるスーツ。

こんにちは、バイヤーのミヤタケです。

 

ビジネスシーンのおいて、スーツはただの戦闘服か、あるいは自分を魅せる大切なツールか。

その価値観は他人によって様々ですが、おそらくこのブログを読んでいただいている方の多くは後者であると思います。

そんな皆様の御期待に応えるべく、今シーズンも知的でスマートなビジネススタイルをご提案いたします。

一気にご紹介したいところですが、本日はまず柄物のスーツスタイルに絞ってご覧いただこうと思います。

グレーのヘリンボーン柄が非常にクラシックな印象のスーツ。

ブランドはナポリの【De Petrillo/デ ペトリロ】。

 

起毛感が少なめのこの生地はしなやかで軽いのが特徴です。

いくら良い生地でも、ゴワゴワし過ぎて着ずらい・・・重い・・・のはビジネスシーンにおいては避けたいところ。

パンツはワンプリーツを入れてややゆとりを持たせてあります。

デスクワーク、会食など、座っている時間が長い方にはありがたい仕様。

デ ペトリロ

グレーヘリンボーンスーツ

¥174000+TAX


続いても【De Petrillo】のスーツ。

グレーがかったブラウンが何とも言えず上品です。

細かいハウンドトゥース柄は少し離れるとほぼ無地に見えます。

故に、シャツ&タイの合わせが非常にしやすいんです。

上の画像のようにストライプを持ってきても◎

チーフに小紋柄を差してもいいですね!

生地にウェイトがあるので、背抜き仕様にして軽さを追及しました。

裏地のキュプラは漆黒ブラック。

こちらもパンツはワンプリーツ仕様となっております。

 

デ ペトリロ

ブラウンハウンドトゥース スーツ

¥164000+TAX


最後はちょっとカジュアルめにコーディネートしてみました。

こんなスタイリングはなかなかしない!という方も参考程度にご覧いただければと思います。

ラペルについたブランドシンボルを見ればもうお分かりですね?!

ご存知【TAGLIATORE/タリアトーレ】のスーツです。

モノトーンの配色がシャープです!

まさしく、モダンクラシックといったスーツに仕上がりました。

ボタンもブラックで統一感を出しております。

インナーにコーディネートしたタートルはブラック。

胸にはニッキーのシルクチーフでワンポイント花を添えてみました。

こちらのパンツはノープリーツ仕様。

先程のペトリロよりもやや細く、スッキリとした印象です。

このようなシルエットだからこそ、タイドアップもOK、タートルなどでドレスダウンするのもOK!

タリアトーレ

グレーチェックスーツ

¥140000+TAX


駆け足でのご紹介でしたが、いかがでしたでしょうか?

ほんの一例ではありましたが、皆様のコーディネートの参考にしてみてください。

 

オイスターでは、お客様のクローゼットに入っているアイテムを持ち込まれてのコーディネート提案も行っております。

イメージを変えたい、どう合わせていいか分からない、など動機はなんでも結構です。

ほんの少しでも皆様のお手伝ができれば幸いです。