スーツバッグベルト

TAGLIATORE(タリアトーレ)のセットアップ。

こんにちは

恩田です。

 

本日は

「TAGLIATORE」のセットアップ。

渋格好良いライトブラウンをご紹介。

適度なザラつき、

肌に触れるその適度な摩擦が

汗ばむ季節に心地良いです。

100%Virgin Woolのナチュラルストレッチは

いわゆるハイテク素材と違って、不自然な伸縮はありませんから

ちゃんとエレガントに見えて楽な着心地です。

決してアンチハイテク素材ではありませんが、

私的にあのノッペリとした見た目がちょっと苦手なので

適材適所で使い分けて頂ければと思います。

 

ブラウンアイテム括り、

色の濃淡でアクセントをつけています。

上下で着なくても、

ジャケットだけで

パンツをホワイトにしたりで

夏の着こなしを楽しんでください。

ちなみに個人的には

このジャケットは中はTシャツよりシャツで着るほうが

ジャケットの良さが出ると思います。

言い方を変えれば、

このジャケットを着るとシャツが着たくなる。

なので、最近シャツから距離を置いている方は

このジャケットがきっかけでシャツブームが到来するかもしれません。

合わせているシャツは、

「Finamore」のコットンリネン。

今シーズンのFinamore(フィナモレ)

 

「TAGLIATORE」は装飾にこそ力を抜きません。

ボタンの質感や

パンツのチェンジポケットの小粋なフラップ、

その上に縫い付けられた金属のブランドタグ、

「どうだ、格好良いだろ」

というイタリア人の気概を感じます。

そう、だから

洒落たバッグを持ってセットアップで出掛けましょう。

精一杯にお洒落して街を歩きましょう。

周りが振り返るくらい、引かれるくらい、

カジュアル、スポーティー、アウトドアが溢れる今こそ、

シャツにジャケットという、

当たり前のスタイルをもう一度。

お洒落は「楽」ではないと感じながら。

 

合わせていたベルトは

オイスター定番で鉄板の「Carlo Del Monte」

頑強な作りと存在感で高いリピート率。

少しライトなブラウンがこの季節に良いです。

 

バッグは「ACATE」のボストン。

接写しても粗が見つからず、

逆に作りと質の良さに毎度感心するブランドです。

「オールレザーで重いし大変でしょう?」

「はい、めちゃ重いし手入れ面倒です。」

「でもその価値観を一瞬で振り切って1000倍格好良くてテンションあがります。」

そんな会話が出来ます。

同じ形でブラックとネイビーを入れております。

 

セットアップ

¥119,000+TAX

ベルト

¥28,000+TAX

バッグ

¥140,000+TAX

 

それではまた次回まで!!