シャツジャケット

LUCIANO BARBERA(ルチアーノ バルベラ)入荷。

こんばんわ

恩田です。

 

やっと入荷しました、

今シーズンの「LUCIANO BARBERA」

方々から入荷はまだか?の有難い問い合わせを頂き、

こちらもやきもきしておりましたもので

ほっと胸を撫で下ろしている次第です。

 

さて気になる今季のラインナップは、

シャツジャケット、シャツ、ジャケット、タイ。

やって来ては過ぎゆくトレンドを横目に見つつ

我関せずなスタンスをみせる同ブランド、

オイスターでもそのスタンスに魅力を感じる方が多数おられます。

本日は、シャツとシャツジャケットをご紹介。

後日にジャケットとタイをアップ致します。

 

では、シャツから

どちらもリネン100%、プルオーバータイプ。

色めくボルドーと

逆に新鮮な小紋ブルー。

 

そして、ブルーを着てみます。

四つボタンで深めの前開き。

プルオーバータイプの何が厄介かと言うと

脱ぎ着する時が窮屈で面倒との意見が多数。

しかし、

見ての通り、ボタンを全部開けてしまえば

余裕の着脱が実現可能です。

後姿。

身幅もゆったりめ、

センタープリーツが更に可動域を広げます。

夏の暑い時期に風が入る余地、

これがあるかないかで快適さが変わります。

自然光に照らされ魅惑的な青みに。

この色であれば小紋が入っているのは大正解ですね。

 

ブルー小紋 ¥42,000+TAX

ボルドー ¥40,000+TAX

 

続いて、シャツジャケット

リネン100%のライトベージュと

ネイビーチェックのウールシルクリネン。

 

ではベージュで、

「オトナ」な佇まい。

シャツジャケットは巷に溢れていますが、

こんなにまでも大人な表情はなかなか見かけません。

シャツジャケットというアイテムとしては

非常に軽くて着やすい、ある種の親しみやすさを受けるのですが、

袖を通して感じるのは、

親しみやすさとは真逆の近寄りがたさ。

着こなしているようで着られている感が終始拭えませんでした。

私も同ブランドのアイテムはいくつか所有しいていますが、

どれをとっても、すぐに自分のものになった試しがありません。

けれど、決して来るもの拒むわけでもなく

高みから下々を見下ろしているわけでもなく

着る度に耳を傾けてくれ、対話しながら

身体を通して服から何か哲学のようなものを教えられているようです。

3パッチポケットで、

右のパッチポケットは変形のチェンジポケット仕様。

「洋服=着るだけの物」

のように単純な構図では終わらせず

着る人の心を豊かにする、そんな感じがするブランドだと

平成最後の月に一人思う私でありました。

 

これらあくまで、私の超個人的な私見ですので、

こういう角度の考えもあるんですね、くらいの

街頭で渡されるフリーペーパー的に

気軽な気持ちで読んで頂ければ幸いです。

洋服に求めていることは人それぞれ、

旅は道連れ世は情け、

ちょっと使い方がずれていますけれど

そんな感じで今日は終わります。

 

それではまた次回まで!!

ジャケットとタイをアップします。