ニット

ノスタルジックなノルディックニット。

こんにちは、ミヤタケです。

 

”ノルディックセータ―”

その名の通り北欧ノルウェー発祥のニットです。

 

雪の結晶モチーフやトナカイ柄がポピュラーですが・・・

さすがにこの歳ではちょっと可愛くなりすぎ。

 

なので、今回はコーディネートにさり気なく溶け込む”ノルディックセーター”をピックアップしてみます。

本家のノルディックセーターを上手くモディファイしたセーターは

DANIELE FIESOLI/ダニエーレ・フィエゾーリの新作です。

首元はモックネック。

柄モノでタートルだと非常に暑苦しい印象になってしまうので、モックネックが正解です!

 

オフホワイトベースに濃いめのパープルとブラウンの糸。

イタリアのニットブランドは、なかなか思いつかないような色合わせをしてきます。

毎回、なるほどな~と感心してます!

柔らかなベビーアルパカとウールの混紡でやや地厚です。

一枚で存在感抜群なので、この上は薄手のコートをさらっと羽織るくらいでOK。

今冬は柄物もおすすめしていますので、是非取り入れていただきたいです。

 

ついでにもう一枚!!

HERITAGE/ヘリテージのノルディックセーターはスタンドカラー。

ノルウェーの伝統とイタリアの確かな技術が合わさった一枚です。

 

ミディアムグレーとライトベージュのコンビネーションはオイスターの十八番。

やさしい色合わせが◎

左の袖口には”四つ葉のクローバー”

さり気ないチラ見せがいいですね。

こちらもアルパカ&ウール。

起毛感のあるアルパカはノルディックセーターに最適な素材だと思います。

毛並みの揃ったクリーンなニット地よりも、少しごわっとしているくらいが似合うニットです。

 

どこか懐かしく、ぬくもりを感じられるノルディックセーター。

たまにはこんなニットもいいもんです。

 

こちらの商品は下記リンクのOYSTER WEB STOREにてお買い求めいただけます。

本日、その他商品も追加いたしましたので是非ご覧ください。