コートニット

TAGLIATORE(タリアトーレ)のダッフルとFEDELI(フェデリ)のタートル。

こんばんわ

恩田です。

 

本日は、

「TAGLIATORE」のダッフルコート、

「FEDELI」のタートルニットをご紹介。

 

まずはダッフルコート

キャメルカラーのカシミア100%

 

ダッフルがカシミアである必要はあるのか?

という疑問は着てみたら答えがわかります。

¥155,000+TAX

 

ニットもカシミア100%

ニットはタートルネックなら

ウールカシミアでも十分暖かいでしょう、

とのご意見もありますが

「FEDELI」のカシミアはそれを裕に超えていきます。

¥73,000+TAX

 

その2つのカシミアを絡めまして

着てみます。

パンツだけオフホワイトのコーデュロイ、

キャメルの温かみを野暮ったく見せずに

クリーンな印象で合わせています。

さて、

ダッフルは

イギリス産の厚手ウールヘリンボーン生地で重量があって

学生が着ているイメージがある方には特に、

ダッフルがカシミアである理由が分かっていただけると思います。

軽くてしなやか、

上品に着れるダッフルは

ファッションを良い加減で力を抜いて楽しむ

大人のコートとしての可能性を知ることが出来ます。

 

「FEDELI」と言えばカシミア、

自分の体温がニットに留まり

その温度が常に身体を包み込んでくれます。

洋服を着ていると言うよりは

適温の温泉に浸かっているような感覚、

良質のカシミアだからこその素晴らしい体験が出来るのです。

 

寒いからと重ね着すると

当然、着ぶくれして動きづらいですし重くなります。

でも、良いカシミアを1枚着れば

快適に過ごせ、見た目にスマート。

半端なニットを2、3枚持つよりも

上質なニットを1枚持つほうが

クローゼットは省スペースでコスパが高い、

カシミアの着心地は間違いなく値段に相応しますので

1枚、検討してみてください。

 

それではまた次回まで!