ニット

Settefili(セッテフィーリ)のCashmere Stand。

こんにちは、バイヤーのミヤタケです。

 

ここ数ヶ月、毎朝1時間くらいウォーキングをしています。

健康のために仕方なく始めたことなのですが、今ではお気に入りのルーティンになっています。

 

朝の澄んだ空気の中をひとりてくてく。

仕事のことを考えたり、夕飯のメニューを考えたり・・・

 

飽きてしまうので、コースもちょこちょこ変えます。

神社にお参りに行くこともあれば、わざと遠くのお店にパンやコーヒーを買いに行くことも。

 

ジョギングだと続かないのは分かっているので、走りたくなっても走らない。笑

こんなゆるい感じですが、毎日よい朝を迎えられています。

 

お酒飲み過ぎの方には特におすすめです!

酒量が減りますよ。

 

さて、本日は前回”カシミアバルキー”をご紹介した【Settefili Cashmere/セッテフィーリ カシミア】から

“カシミア ケーブルスタンド”をご紹介させていただきます。

まず、ひと言。

Settefiliのグレーって本当にいいグレーなんです。

このグレーに惚れたので、このワンカラーしかオーダーしなかったほど。

画像では100%お伝えすることができないのが残念です。

カシミアケーブルスタンドというくらいですから、襟は非常にキレイに立ち上がり、

最高の”曲線”を見せてくれます。

 

シャツでもジャケットでもそうですが、イタリアの洋服はこのような”曲線”が本当に美しい。

このキレイな”曲線”の為に高いお金を出していると言っても過言ではないほどです。

 

おなじみのタグ。

これは正直言ってすぐに取れます。

自身、ここのニットを何枚も持っていますが、十中八九取れます。

僕はまったく気にしませんが、気になる方はきつく付け直しますので大丈夫です!

袖口と裾はしっかりとしたリブを備えます。

腕まくりの時に真価を発揮する強めのリブがお気に入りです。

大きなボタンもSettefiliの特徴です。

オーナーのミケーレ氏のこだわりは、ボタンひとつひとつにまでしっかりと表現されています。

 

彼のものに対する”心意気”を少しでも着る方に伝えられたら。

そんなことを思いながらニットをお店に並べています。

ちょっと変わったケーブル編みが何とも言えない雰囲気を作っています。

こんな素敵なニットを着て歩いている人がいたら、ぼくだったら振り返ります!

 

首元はストールでボリューム感を出すとより立体的に見えて◎

モノトーンコーデでも、写真のように色を加えてもいいですね。

しかし、いい襟の表情です!!

この最高のグレーカシミアにこの色気のある襟元。

これはマストバイです。


セッテフィーリ カシミア

カシミアケーブルスタンドカーデ

グレーのみ

¥98000+TAX