ジャケット

BOGLIOLI(ボリオリ)のジャケット。

こんばんわ

恩田です。

 

何か

寒いですね。。。

昨日は目黒川で花見をしてきました。

が、寒くて寒くて。

日中でしたのでビール片手に川沿いをそぞろ歩いて、

なんて思ってましたが寒くて寒くて、

普段は飲まないホットワインを

飲むというよりは暖を取る為に屋台で買いつつ

桜を楽しみました。

もうほぼ満開という感じでしたので

これからの方はしっかり防寒して楽しんで下さい。

 

さて、本日は

オイスターでは久しぶり登場の「BOGLIOLI」

その中でも堅苦しさがない

軽く羽織れるジャケットをご紹介。

リネン100%、

グリーンとネイビーを。

申し訳ございません、

色を出すのが非常に困難でして、

ネイビーはもっとダークな黒っぽい色合いです。

グリーンは、日の当たったこちらも合わせて参照ください。

洗いがかかって

ラペルやポケットの淵の表情が豊かですね。

全体に良い具合にクッタリした感じで

シャツと言うよりはカットソー、

革靴と言うよりはスニーカーで合わせるほうが

ジャケットの良さが出そうです。

リネン100%と言えども

張りがあるので、着ていても

クシャクシャになることは無さそうです。

通常であればジャケットの下襟すぐにある

フラワーホールがやたら下にあるなと思いきや、

これは普通のボタンホール。

このジャケット、4つボタンにして

4つ中2つも段返っております。

私、こういう遊びあるデザイン、

嫌いではありません。

そして、右の前身にポケットのような跡。

これは内側にあるポケットの当たりを表に出して

デザインされた洒落ですね。

こういう洒落も嫌いではありません。

袖の裏地はブルーストライプ柄になってますので

折り返してアクセント遊びをしても良しです。

 

¥102,000+TAX

さて、

テーラードタイプで

ひねり過ぎない羽織れるジャケット。

 

例えば、

料理の味付けをしていて何か物足りないと

隠し味、隠し味と色々足した挙句に

味が迷走して最終兵器のカレー味にするという暴挙

ございませんか?

私はあります。

だいたい、隠し味なのですから隠さないといけません。

隠すことが出来ない力量だったら余計な事はしてはダメです。

このジャケットはその点、三ツ星シェフの如く上手に隠し味されてますので

楽しく美味しく食事というお洒落をして頂けるという

例えたのか何なのか分からなくなりましたね。

言いたかったのは、

世の中には〇〇ジャケットと呼ばれるものは多数ありますが、

男性が最も着慣れているのはテーラードタイプのはず。

でも、

ちょっと遊びたい、ちょっと洒落たい

そんな時には丁度良い。

どうでしょう?

皆様もこの味、嫌いではないはずです。

それではまた次回まで!!