コート

CARUSO(カルーゾ)のバルカラーコート。

こんばんわ

恩田です。

 

「FEDELI」のTRUNK SHOWは好評開催中です。

今週の金曜19日までの会期ですので

是非どうぞお越しくださいませ。

「FEDELI」トランクショー開催のお知らせ。

 

さて、

CARUSOの紹介はまだ続きます。

今回はコート、

そして今季はバルカラーです。

同じ型で3種の生地でご用意しました。

それでは早速こちらから。

ブラウンのウールカシミア。

 

前回の「CARUSO」ジャケットの回でチラっと出してました。

CARUSO(カルーゾ)のジャケット ~Part-2

大き目のヘリンボーンにカシミア混ですので

艶があってキレイな表情をしてくれます。

ジャケットを羽織っても脱ぎ着しやすいのがラグランスリーブの良さです。

 

¥179,000+TAX

 

続いて千鳥

グレー×ブラックのシックな千鳥、

白黒でシンプルに

合わせてみます。

見ての通り、シルエットはゆったり。

いわゆるバルカラーコートのシルエットとは異なり

身頃も袖も太目の仕上がり。

生地が広く多い分、魅力ある動きが生まれます。

しっかり立つ襟、

マントのようなシルエット。

くびれが無く、広がったシルエットは実に男らしく見えます。

¥168,000+TAX

 

最後に大柄チェック

オレンジっぽいブラウン。

懐かしさと温かみを感じます。

 

コート以外を全てブラックで合わせて。

歩いてみると、

更に動きがついて一歩一歩に豊かな表情をします。

ポケットも大き目、

バサッと羽織って、ズボッとポケットに手を入れて

コートの裾をなびかせながら颯爽と歩く姿を想像してみてください。

着てみたくなりませんか?

 

¥168,000+TAX

 

だいぶ気温もヒンヤリしてきましたので

コートをそろそろご検討下さい。

いよいよ寒さがやってきてコートを探そうとしても中々見つからないもので、

もし、洋服との「出会い」というものがあるとしたら

その表現はコートには当てはまるのではないかと

私の経験上、そう思うわけです。

コートとの出会い、

オイスターであるかもしれません。

 

それではまた次回まで!!