ニットマフラー・ストール

Settefili Cashmere(セッテフィーリ カシミア)のカーディガンとBEGGのストール。

こんばんわ

恩田です。

 

雲一つ無い秋晴れが続くここ数日、

空気も澄んでいて気持ち良い天候です。

そうすると沸き起こるお洒落心。

色、素材、重ね着。

自然とどれとどれを合わせてどこ行こうとなりますね。

ただ寒くなったから秋冬物は何着ようと

防寒機能だけ考えて洋服選びは楽しくありません。

どうせなら楽しく気持ち良く防寒しましょう!!

 

 

さて、本日は

「Settefili Cashmere」からカーディガン2型

「BEGG」のストール4型をご紹介。

 

まずはモチモチした肉厚のウールカシミア。

こちらのブランドでは定番の生地ですね。

スタンドカラーカーディガンから黒と赤の展開です。

 

しっかり立つ襟に存在感ある大き目のボタン、

大き目のケーブル編みも相まって

ブラックという色の強さを感じさせるのでシンプルに格好良いです。

 

 

BEGG(ベグ)のストール合わせてみます。

「BEGG」の最高品質のカシミア。

毎シーズン仕入れているこの毛足の長いタイプは

巻かなくても見るだけで質の良さがわかります。

カシミア100%と言っても市場にピンキリでありますが、

巷にお安く出てるカシミア100%と比べて見てください。

カシミアにも色々あると、これがカシミアかと実感するはずです。

 

巻いていたのはネイビーベースでブラウン、ブルー、ブラウンが入るこちら。

色違い、

ではこのグレーベースの色違いを巻いて

赤のカーディガンを着てみます。

 

スタンドカラーにストールインは

非常に相性が良いですね。

首元に出るボリュームが全身をバランス良く見せてくれます。

「Settefili Cashmere」¥88,000+TAX

「BEGG」¥45,000+TAX

 

 

こんなキレイな赤ニットはインナーの差し色でも最適。

中からチラチラ見える赤に目を引かれます。

着ているコートは「CARUSO」

コチラ

CARUSO(カルーゾ)のバルカラーコート。

 

 

カーディガンの違う形はこちら

ショールカラーでボタンなし。

シンプルでリッチなカシミア100%

中はシャツよりタートルやクルーのニット重ね着がオススメです。

 

今回は大判のBEGGで合わせてみます。

垂らすだけでもアーティスティックな雰囲気。

片側だけ肩にかけてアシンメトリーな演出。

かなり大きいサイズなのですが、重さは全く感じません。

感じるのは得も言われぬ贅沢さ心地良さ。

この冬、女性にプレゼント検討されている方にも良いのでは。

こちらも毛足の長い最高品質のカシミア。

毛のうねりが見せる艶が尋常ではありません。

色違いでキャメルもあります。

「Settefili Cashmere」¥145,000+TAX

「BEGG」¥69,000+TAX

 

「BEGG」の他のストールは

イエローとブルー

 

ダブルフェイスの

グレー×ライトブラウンと

ネイビー×チャコール

全て¥45,000+TAX

 

この「BEGG」のシリーズはいつ見ても

質が高く、気持ちが高まります。

そしてフリンジの仕上がりの端正さにいつも感心し、

巻いて垂らした先まで気を抜かない姿勢が素晴らしいと頷く私です。

 

巻く、垂らすことで暖かさを得られるストールですが、

単純な形だからこそ生地の質が問われます。

むしろ生地の質だけを問われるようなシビアなアイテムですので

所詮はストール、所詮は小物と侮らずに

この「BEGG」のフリンジのように先の先までこだわる

気を抜かないスタイリングをしてみてはいかがでしょうか。

ちなみにストールを年中多用する女性は

ストールを見る目はかなりシビアかと。

このストールなら間違いなく一目置かれるはずです。

 

それではまた次回まで!!