シャツ

Roberto Ricetti(ロベルト リチェッティ)のシャツ。

こんばんわ

恩田です。

 

日本ではオイスターしか扱いが無い

「Roberto Ricetti」のシャツ

入荷しました。

定番のBDタイプ4型と

セミワイド2型。

 

まずはBD

コットンネルの起毛素材に

このブランドオリジナルの襟のロール感。

柔らかい生地に柔らかいロール、

この曲線がたまらなくシャツ欲を刺激します。

コットンネルはネイビーもあります。

若干のメランジ具合で奥行を感じさせます。

 

 

渋い織柄。

この渋さをはこの襟型だからこその格好良さですね。

 

 

定番のホワイト。

潔い白でも立体的な襟から生まれる陰影は魅力的。

 

この襟型はロールの曲線的なシルエットだけでなく

直線的なカッティングと巧く融合しています。

柔らかさと鋭さの相対するデザインが絶妙に共存する稀有なシャツです。

 

そしてセミワイド

ホワイトとライトブルーのクレリック。

季節的にタイドアップしたくなるので

何か良いシャツをお探しの方は是非候補に入れてください。

良質のブロードに肩やヨークにギャザーを入れたシャツは

エレガントで美しい1枚です。

 

価格は全て

¥38,000+TAX

 

では

こちらの渋シャツで

第2ボタンを外さなくても

丁度良い襟の開き具合。

ボタン2つ外すとちょっと場違いなシーンでも

自分らしいお洒落をしたい方には素晴らしき相棒となります。

ジャケットから迫り出す襟の高さ、

BDだから常に固定されているロール感。

シャツは襟の表情でほとんどの印象が決まります。

 

シャツの定番の無地、ストライプ、チェック柄とは

一線を画して主張出来る織柄に

強く魅力を感じる今日この頃です。

 

着ていたJKは

先日ご紹介した「TAGLIATORE」カシミアJKの

色違いでキャメルカラーです。

動くほどに現れる艶、

朝露のように表面を覆う光に

つい触りたくなる衝動を覚えます。

¥130,000+TAX

 

着ているジレは「GIANNETTO」コーデュロイブラウン。

GIANNETTO(ジャンネット)のジレ。

パンツは「ROTA」1プリーツのブラウンフランネル。

ROTA(ロータ)とHERITAGE(ヘリテージ)のニット。

チーフは「ROSI COLLECTION」のシルクペイズリー。

ROSI COLLECTION(ロージ コレクション)のストールとチーフ。

 

このシャツブランドを紹介する度に

シャツの襟というのは本当に重要だと再確認します。

ジャケットを着ていて襟が上着の下に潜ってしまったり、

逆に台襟が高過ぎて滑稽に見えたり、

上着を脱いだら襟が広がり過ぎたり・・・

着ている人の顔のすぐ下に襟がある限り

襟の表情で着ている人の印象を左右するのは変わりません。

鏡を見る時には襟元も一緒に見ると良いかもしれませんね。

 

 

それではまた次回まで!!