ニット

ALTEA(アルテア)のコットンリネンニット。

こんばんわ

恩田です。

 

近未来感あるシアターチェア「VRS-1」

画像:Audio Heart

見た目が最高に近未来感。

宇宙船の脱出ポッドを思わせるフォルム。

このチェアで大画面でスターウォーズを観たら、

Xウィングに搭乗したかのようなリアルなスペースバトルを体験出来そう。

スピーカーが耳に近くなり、形状上音の反響もあるので

小さな音量でも十分堪能できるそうです。

 

集合住宅でもご近所迷惑にならず最高の映画鑑賞が出来る!

これは欲しい!!と思いましたが、お値段98万円+税・・・

こんなチェアが庶民価格になる近未来が早く来ることを望みます。

 

さて本日は、

「ALTEA」のVネックニット、

コットンリネンのブラウンカラーを。

 ¥24,000+TAX

 

ザラッとした肌触りが素肌に適度な刺激、

インナーにカットソーやシャツを着ても良いですが、

素肌に直接着ると肌触りが病みつきになりそう。

 身体のシルエットが出るほどピタピタに着ずに

少しゆるっと着るのがリラックス感出て格好良いです。

肌と服の間に空間が生まれることで風通り良く涼しいですしね。

ただ、肩が落ちるくらいは大き過ぎ、

最近流行りのビッグシルエットは若者ファッションに任せて

大人の着こなしはあくまでジャストサイズで。

 

色目を意識してこんなジャケット、シューズと合わせても。

「TAGLIATORE」のサッカーシャツJK、

「PIATTO」のコットンリネンパンツ、

「DI MELLA」のスウェードローファー。

 

Vネックの深さ、

どうでも良いようで重要な部分。

ジャケット着た時もここが深過ぎると

古臭い印象になってしまうし、

かと言って浅すぎると首が詰まって見えるので

ニットだけでなくTシャツでも気にしてみてください。

あと気にしたいのは色のバランス。

ブラウンとホワイトよりも

ブラウンとオフホワイトのほうがコントラストが付き過ぎず

張り切り過ぎないこなれたお洒落感が伝わってきます。

 

それではまた次回まで!!