お知らせ過去記事

Oyster 2018秋冬 BEST 5

こんばんわ

恩田です。

 

クリスマスが一段落して

年越しニューイヤームードが高まっていますね。

 

みなさま、今年の装いはいかがでしたでしょうか。

このブログが何かしらのお役に立てていれば幸いです。

 

そこで、

今シーズンの秋冬を振り返って

恩田の独断と偏見でBEST5を選んでみました。

こうして振り返ってみると、

自分でアップしておきながら完売してしまって

存在を忘れてしまっているアイテムもありました。

アップした思い出に浸りながら

選んだBEST5をどうぞご覧ください。

 

 

まずは

「TAGLIATORE」の2ピース。

シェパードチェックの白黒が新鮮でした。

モノトーンという潔さ、

ギンガムのようで異なるチェックが良かったのもありますが、

ジレと共地で着れるところに一番の魅力、

こちらはSNSでアップしてあっという間に完売してしまいましたので

実物を目にすることが出来ずにがっかりされた方も多数、

私自身に遺憾の意を示し、謝罪会見を開きたい気持ちです。

 

 

 

続いて、「ACATE」

オイスターに初入荷のバッグブランドです。

レザーのクオリティはもとより

コーディネートを邪魔しないシンプルでエレガントなデザインが

オイスターのお客様に評価頂けたようです。

バッグというのは欲しいと思った時には

なかなか探しても探しても見つからないアイテムですが、

このブランドはどんなスタイルでも受け止めてくれる器量があります。

バッグは完売しておりますが、

ダブルジップの財布はいくつかご用意ありますので

気になる方は是非問い合わせください。

【新作】ACATE(アカーテ)のバッグ。

ちなみに、

2月号の「LEON」にて

次回入荷予定のショルダーバッグが掲載されています。

まだ店頭にはありませんが入荷次第アップしますのでお待ちください。

あのファッショニスタも

早速使用している様子がInstagramにアップされていました。

オイスターには掲載のブラウンとブルーを入荷予定ですので

このブログを見て興味ある方はご連絡ください、予約をお承り致します。

https://www.websta.org/alessandrosquarzi

 

 

そして、

「De Petrillo」のツイードジャケット

ダークグリーンにマスタードのペーン、

イギリスのビンテージファブリックを使用し

控えめなのにこだわりを感じるジャケット。

一見、合わせづらそうに見えるのですが、

男性が持っている代表のカラー、白、紺、茶、黒、

どれでも合ってしまう使い勝手の良さに懐の深さを感じます。

ザックリと土臭く、男っぽい感じが心くすぐりますね。

De Petrillo(デ ペトリロ)のツイードジャケット。

 

 

続いて、

「FEDELI」のカシミアニット

カシミア100%

着心地&肌触り300%の「FEDELI」のカシミアニット。

オイスターの冬のBESTアイテムには入れざるを得ません。

良質なカシミアだからこその出せない色があるので

今シーズンは発色良いカラーを多く入れました。

触らずとも良さがわかるのですが、いざ袖を通すと

じんわりと暖かい空気を身体に纏って、

洋服を着ているような感覚さえもわからなくなる

カシミアって素晴らしいな、と改めて体験出来るニットです。

FEDELI(フェデリ)のカシミアニットとCIRCOLO(チルコロ)のJK。

TAGLIATORE(タリアトーレ)のダッフルとFEDELI(フェデリ)のタートル。

 

 

最後は、

やはり「ROTA」

もう体験されている方には説明不要ですね。

パンツ界の重鎮「ROTA」

シルエットも生地のクオリティも文句ありません。

安心して下半身を委ねられる信頼のおけるパンツです。

そうです、この「信頼」こそがリピートし続ける所以なのでしょう。

逆にこのパンツがこの世から無くなってしまったら…

想像するだけで下半身がソワソワします。

ROTA(ロータ)とHERITAGE(ヘリテージ)のニット。

 

 

いかがでしたでしょう?

ブログのアクセス数や実際の店舗売上を完全無視した

超恩田的BEST5ですので、

異論反論オブジェクションは勿論あることでしょうが

生憎受け付ける予定はございません。

 

こうしてブログをアップするようになって

いつからか、モデル恩田の表情がポーズが吹っ切れたね!

と言われるようになりました。

確かに、当初は写真で撮られることはむしろ嫌いな質ですので

恥ずかしさと苦しさの中、完全なる仕事として撮り続けました。

しかし徐々に遠方の方からご近所の方から身内から

嬉しいお言葉を頂き、これは自分個人の好き嫌いの問題ではないと

決して吹っ切れてやけになってるのではく、

出来得る限り見ている皆様にお洒落が楽しくなるようなブログを届けたいと

心を新たに撮り始めた次第です。

そうなると、公道で一人で自撮りしている自分を通りすがる方に

まじまじと見られても何の抵抗も無くなっていくものですね。

私が見ているのはカメラでなくその向こうの皆様ですから。

しかし、

一度通りすがりのおばさまに

誰かしら?と顔を覗き込まれて「知らない」と言われたときは

流石に心が折れそうになりました(笑)

いいんです、そのおばさまに見せたいわけではありません!!

 

こんな感じでこれからもアップしていきますので

どうか皆様アップを気長に待ってください。

あらかじめ申し上げますと

アップの頻度はこれくらいが限界?最適?だと思っていますので

ご理解の程よろしくお願いいたします。

 

それではまた次回まで!!