シャツ

暑中お見舞い。

暑中お見舞い申し上げます。

 

猛暑が続く毎日、いかがお過ごしでしょうか。

オイスターは8月も休みなく営業しておりますので

道すがら涼みに、また夏の服の買い足しに是非お立ち寄りください。

 

さて、本日は

私の故郷の「長岡花火」をおススメいたします。

先日久しぶりに帰省しまして観てきました。

※毎年8月2、3日に開催しますのでご興味ある方は来年に!!

 

 

長岡駅構内に掲げられた力強い文字。

書家の「金澤翔子さん」によって揮毫されました。

実際に打ちあがる力強い花火を想像できます。

手前に写るオレンジの衣装は気にしないでください。

ちなみに私ではありません。

 

信濃川で打ちあがる花火大会。

川を挟む両岸から観る花火に2日間で約100万人が訪れます。

 

ベストポジションは橋と橋の間のエリア、

しかし、近年人気があってその付近のチケットは取りづらいです。

私が子供のころは無料席が多く、日中から場所取りをして

それも含めての花火大会の醍醐味でしたが、

全国からの観覧者の増加につれ有料席が多くなってきました。

私は今回チケット確保が遅かったので、端の「フェニックスエリア席」で観ましたが、

「フェニックス」という超ワイドスターマインを堪能するには良い席でした。

 

打ち上げは19:20分からスタート

終わりは21:10の打ち上げで終了。

約2時間で約10,000発の打ち上げです。

発数としては全国の花火大会の中で多くはありませんが、

1発ずつが大きく、その為に響く音が大きく、

その振動を体感出来るのが人気の理由でもあります。

 

夕暮れと花火が同時で見れるのも風流です。

大きい川の近くということもあり暑過ぎず、心地良い風が吹きます。

名物の三尺玉とナイアガラ。

長岡で初めて上がったという三尺玉が1日に4発も上がります。

レンズには収まらない規模で上がる「フェニックス」

2kmに渡って打ち上げられ、

視界一杯に開く花火は約5分間上がり続け、見る人を圧倒します。

 

いかがでしたでしょうか?

ごく一部の画像の上に

音が魅力の長岡花火を静止画で見ても

何とも魅力が伝わらないと思います。

Web上でも動画は沢山アップされていますが、

当然ですが、ライブで現地で見ることをおススメ致します。

きっと満足してリピートしたくなること間違いなしです。

 

そして、

花火大会を純粋に楽しむことと

加えて知って頂けたらと思うことは、

この花火大会に「慰霊」「復興」「平和への祈り」という想いがあることです。

昭和20年に空襲を受けた長岡市街で多くの犠牲者を慰霊する為、

その後の焼野原を復興した方々への感謝の為、

二度と起こらぬよう平和を願う為に開催し続けています。

頭の片隅において花火を楽しんで頂ければと

長岡出身者の1人としておススメさせて頂きました。

 

この夏、

残暑も厳しいとのことですので

体調崩されませんようどうかご自愛くださいませ。